久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

支援学校の移転問題

 岩国総合支援学校は移転問題で一躍脚光を浴びいているかのように思われますが、関係者の話によると「岩国総合支援学校の教育環境をよくする市民の会」なるものができているそうです。

 驚いたことにある市議会議員が1月末、支援学校のPTAの会議に来て、「市民の会」の説明を行いPTAとして医療センター跡地への移転を要望してくれと言ったらしいのです。なにかおかしいですね、本来ならPTAから市議会議員に要望するのが筋だと思いますが・・。はじめに移転ありきなのですね。

 古い学校というなら私が教育振興会の会長をしている定時制などもありますが、定時制はまったく移転の話はありません。支援学校は市街地に位置しています。前の建物が取り除かれその敷地とあわせると国道2号線沿いに大きな面積の土地が確保されることになります。誰か支援学校跡地を欲しがっている人でもいるのではないかとかんぐりたくなります。大体箱物さえ作れば障がい児の教育環境がよくなるなんておかしいですよ。今岩国地域に必要なものはなんといっても障がい児を療育する専門家・人材ですよ。関係者として一言「本当にまじめに障がい児のこと考えているの?」       2月27日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-02-27 18:53