久米けいすけのブログ


by kumekeisuke
 午前中に岩国市に瀬戸内ネットで申し入れ。内容は多岐にわたるのですが、空母艦載機移転開始を受けての情報の公開を一つの柱にしました。海兵隊と海軍がいっしょになるといってもその部隊構成がどうなるか、司令官は海軍・海兵隊どっち?などまるで分らないのです。いかに軍事といえどもこれだけの負担を押し付けようとしているのです。岩国市として情報の収集とその住民への公開は当然です。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-17 16:58

米韓合同演習

 来週21日から米韓合同演習がはじまります。報道によれば「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」という演習だそうで、コンピューターシミュレーションを利用した机上演習が中心だそうです。18日からオスプレイも参加する日米共同訓練もはじまるのだそうですが、おそらく連動しているのでしょうね。

 明日は瀬戸内ネットで岩国市に申し入れです。時期が時期だけに指摘したいことがいっぱいあります。2011年11月当時のオバマ大統領はオーストラリアに訪問中、ダーウインに海兵空陸任務部隊(MAGTF)を展開すると公言しています。5月末から8月最初までVMFA242がいたのはダーウィンです。やはりVMFA242のローテーション配備?
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-16 21:01

アーレント

 盆休みを利用して、少し読書に勤しみました。ハンナ・アーレントの本(人間の条件)を読もうと思ったのですが、ちょっと見てやめました。文章も内容もむつかしく、哲学的な素養のない私には到底無理と思ったのです。内容もむつかしいのでしょうが、英語の訳もどうかなと思います。どうしてああいう専門書の訳ってわからないのでしょう。おそらく英語が堪能ならもっと読めるのでしょうけど。

 しかたなく矢野久美子さんという人の「ハンナ・アーレント」という新書を読みました。まあまあわかって面白かったです。矢野さんという人が徳島県出身の人ということで親近感もありましたしね。でもこの歳がきて知らない知的な世界がいっぱいあることがわかり、ある意味楽しいです。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-15 21:32

生と死は紙一重

 今日は72年前に岩国駅前が空襲にあった日です。サイレンが鳴るとやはり、思うことはありますね。空襲といえば亡くなった母から聞いた話があります。徳島市も空襲にあったのです。あんな地方都市もすべて焼き尽くされてしまったのですね。

 母は空襲にあった日、もちろん住んでいた自宅はやけたのですが、逃げ回ったのだそうです。防空壕はちっとも役に立たなかったと言っていました。母の職場の人たちも空襲で大変だったようですが、こんな話を母はしていました。

 職場の同僚は空襲になったとき男は職場に集まったのだそうです。変な話ですが、命より職場が大切だったのでしょう。いよいよ職場も焼けて、みんな川に浸かって火災から身を守ったそうです。ある人が川の中で前後の場所を替わってくれと頼まれたので、そうしたところお願いしたその人は焼夷弾の直撃を受けて死んでしまったのだそうです。母の知人はまさに紙一重で生き残ったわけですが、戦時中はこんな話はいっぱいあったのでしょう。

 紙一重で命が助かるというのは現在でもありますが、当時は日常茶飯事だったでしょう。つくづく戦争はいやですね。なにより平和、安全です。明日は終戦記念日、みんなで不戦の誓いを新たにするときです。

 
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-14 20:30
 どのテレビ番組をみてもアメリカと北朝鮮との熱い舌戦をとりあげています。米軍の様子をみるかぎり、現時点では戦火を交えることはないように見えます。でも8月21日から米韓合同演習ですから、またいわゆる「緊張状態」が始まります。合同演習時は北朝鮮でもその対応で軍事的に警戒態勢になります。なにかの間違いで戦争にならないともかぎりません。

 現時点では朝鮮半島や岩国基地の米軍人の家族などの退避は行われていないようです。でも訓練はやっていますね。岩国基地8月11日付岩国基地ホームページによると、8月8日9日と岩国基地ではNEO(非戦闘員退避訓練)が行われていなす。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-13 15:45

渋滞考

 今日は渋滞でひどい目にあいました。次女を徳山に迎えにいったのですが、山陽道の下りで事故が発生。大渋滞となり、なんと下松サービスエリアから徳山東インターまで2時間を超えてしまいました。先が通行止めになっているのがわかればもちろん一般道を使いました。少し早ければ事故の影響を受けずに行けたのでしょうけど。なにか自分の不運につくづく腹が立ってきましたね。でもみんな行儀がいいですね。キチンと列をつくって渋滞を受け入れていました。ナンバーを見ると、岐阜や滋賀や横浜など。遠くに行く途中で子ども連れも多かったのでしょう。彼らの今日の予定は完全にアウトですね。どうするのでしょう?彼らに比べるとまだ自分はましな方だなと自らを慰め、我慢して運転しました。

 山陽道をでると、やはり下りは一般道も大渋滞。幹線道路の長時間の閉鎖は生活をおかしくさせますね。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-12 20:53

今日は山の日

 今日は祝日山の日です。いつから祝日なのか記憶にないのですが、巷はお盆ムードですね。山の日にちなんで城山へ。知り合いの若いお母さんにあいましたが、山の日ということで子ども連れできていました。毎週トータルで150分運動することにしています。主治医からの勧めですが、毎日の目標よりある程度の期間を定めての目標の方が達成しやすく取り組みやすいですね。この歳になるとダイエットは筋肉を落とすので、やはり健康管理は運動ですね。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-11 19:28
 やはりそうでしたか、岩国基地常駐のホーネット部隊VMFA242は約2か月間ダーゥインにいましたよ。5月末から展開していたそうです。機数も10機とかいてあります。Aviation Spotters Onlineに載っていました。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-10 19:41
 空母艦載機移転の第一陣ということで、E2D部隊の岩国基地配備が強行されようとしています。すでに今年2月から約3か月先行移駐されていた部隊です。2月2日付の岩国基地ホームページの記事からE2Dの役割を考えてみたいと思います。

 E2Dはアドバンスドホークアイ(改良された早期警戒機)とよばれ、先行するE2Cに比べてその性能は格段の進歩がみられるようです。装着されているAPY9レーダーはステルス戦闘機もとらえることができ、その探知能力は555kmにも及ぶとされています。将来は空中給油機能も備えるそうです。「記事」でも「アジア太平洋のリバランスのための最新鋭の部隊」という位置づけです。そして「ニフカ(米軍が開発中の新防空システム)のセンターピース(中核)」とされています。

 航空評論家の石川潤一氏は軍事研究2015年1月号で「海軍はE2Dをニフカの中心に据え、イージス艦から発射されるミサイルやF35CやFA18E/F、EA18G、UCLASS(無人空母発艦空中監視攻撃)システムなどを組み合わせる形でネットワークを構築する。ネットワーク構築には目標データーを高速かつ大量にやり取りできる能力が必要」と書いています。

 米軍が中国のA2ADへの対応で重視しているのは、海面すれすれで飛行する中国の巡行ミサイルです。巡航ミサイルを打ち落とすイージス艦のレーダーには限界があります。たとえ遠方を探知する能力を持っていても、設置高が20mの場合レーダーでとらえることができる水平線までの距離は16kmといわれます。16kmから先の水平線下は死角になってしまうのです。ですから巡行ミサイルは低高度を飛ぶわけですが、E2Dは空中高く飛行し、水平線の向こう側までレーダーで捕捉することが可能になります。そしてネットワークを使って情報をイージス艦におくりイージス艦からの迎撃ミサイルで巡行ミサイルを打ち落とすことを可能にするのです。システムは複雑ですが、ともかく最新のレーダー、最新の通信システムを備えたE2Dはニフカになくてはならない航空機です。

 E2Dの岩国配備は厚木基地にはなかった機能をもたらすということも含め、一段の機能強化であることは明らかです。

 ところでこのハイテクのE2Dを航空自衛隊も購入することになっているというから驚きです。1機なんと260億円もするのだそうです。予定では4機購入するのだそうです。つまり自衛隊も米軍のニフカのシステムに入ることができるようになるということです。集団的自衛権の行使です。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-07 20:33

岩国基地の位置づけ

 今日は原水禁世界大会広島集会に参加するために広島へ。核兵器禁止条約が国連で採択された直後の歴史的な大会で、久しぶりの参加でしたが意義あるものでした。

 ところで先日ある人から空母艦載機移転後の岩国基地の位置づけについて問われました。少し書いてみようと思います。冷戦時代は第一撃の基地で、いわば先制攻撃用の基地だったと思います。攻撃部隊が出かけると後はどうなろうと米軍は知らないと言われていました(ちょっと極論かもしれません)。 しかし世界情勢が変わり軍事革命ともいわれるイノベーションを経ると当然変わってます。

 まずはトランスフォーメーション・米軍再編です。これは海外の基地を統合して拠点基地化を強めるという一面を持っていました。岩国基地はその方向で拡張され、空母艦載機の移駐が計画されてしまいました。強行されようとしています。

 そして現在は太平洋重視のリバランスです。中国・北朝鮮への対応を考えているんでしょうが、とりわけ中国でしょうね。名前こそあげていませんが、A2ADをいかに打ち破るかが最大の目的です。対中国を考えたときには岩国基地は拠点基地としては近すぎます。しかし逆に相手国(中国)を奇襲攻撃などするには都合よくはあります。初期のエアシーバトル構想をみても、前線の部隊の役割は決定的になっています。岩国基地は当然攻撃目標です。求められることは、抗たん性、回復能力、基地施設の分散化です。この点で行くと厚木基地は絶対に空母艦載機の基地としての機能はなくならないでしょうね。

 北朝鮮については、米韓合同演習などみていると明らかです。岩国基地の部隊は朝鮮半島に展開して攻撃に参加するものと直接岩国から出撃するものとに分かれています。

 結論的にいえば、中国封じ込めと北朝鮮への米軍の最重要レベルの出撃拠点基地ということになりませんか?
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-06 21:06